かつっぺ
かつっぺ
みなさん、こんにちは。
昔は洋楽ジャンルの好き嫌いが激しかったかつっぺです。

偶然見かけた“オリコンミュージックストア”で“洋楽名曲集 80年代編”というページで紹介されているアーティストについて、

懐かしいアーティストの80年代の活躍を振り返りつつ、そのアーティストの今を探るページ。

YouTubeのミュージック・ビデオとともにお楽しみください。

第3回はシーナ・イーストンです。

Amazon Music UnlimitedならSheena Eastonも聴き放題です!
Amazon Music Unlimited 無料体験
[参考記事]【簡単】Amazon Music Unlimited 無料体験 始め方と解約方法
スポンサーリンク

80年代洋楽:Sheena Easton(シーナ・イーストン)

シーナ・イーストンは、イギリス・スコットランド(グラスゴー)出身の歌手。10代の頃バーブラ・ストライサンドに興味を持ち、スターとなるため、ロイヤル・スコティッシュ・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマ(現:ロイヤル・コンセルバトワール・オブ・スコットランド(英語版))で学ぶようになる。1980年に『モダン・ガール(Modern Girl)』でデビューした。デビューアルバムの『モダン・ガール』は日本ではオリコン洋楽アルバムチャートで1981年6月1日付から2週連続1位を獲得した。さらに続く『9 to 5 (モーニング・トレイン)(Morning Train (Nine to Five))』は、ビルボード(Billboard)誌で、1981年5月2日に週間ランキング第1位を獲得した。
引用元: Wikipedia

「Morning Train (Nine to Five)」はリアルでは聴いていませんが、後追いでシーナのアルバムを聴いたとき、まさかこの曲がシーナ・イーストンの曲だったとはという印象でした。でも、80年代って感じの曲ではないですね。

80年代らしさ全開は、1985年発表のアルバム『DO YOU』ですね。


私の80年代洋楽は1985年前後の記憶が強いので、

こうして振り返ると「Do It For Love」などが一番しっくりきます。

聴いていてところどころにMadonnaのアルバム『Like A Virgin』ぽいフレーズが入ってるような感じがしますね。

プロデューサーがナイル・ロジャースだから当然か。

80年代洋楽:Sheena Easton(シーナ・イーストン)「Modern Girl」

“洋楽名曲集 80年代編”で紹介されていた曲。


1981年発表のデビューアルバム『Sheena Easton(モダン・ガール)』に収録。

冒頭で紹介した「Morning Train (Nine to Five)」とともに明るくキャッチ―な曲ですね。

チャート的には最高位は全英8位。

ただ、全米No1ヒットとなった2ndシングルの「Morning Train (Nine to Five)」と同時に全英トップ10にチャートインし、

この出来事は、1955年のルビー・マレー以来、イギリス出身女性アーティストとして2人目の快挙だったそうです。

この快挙をひっさげて、Blondieとの争いに勝利し同年映画007の主題歌「Your Eyes Only」を発表。


一気にスター街道に乗った感じですね。

つまりはあのマドンナがブレイクする前にすでにスターだったということですね。

80年代洋楽:Sheena Easton(シーナ・イーストン)の今


2001年発表アルバム『Fabulous』より

80年代の洋楽シーンを代表する女性シンガー、シーナ・イーストンは現在も活動中です。

シーナ・イーストンは日本が大好きなのかな?

昨年2019年の3月には来日し、ビルボード東京で2日間ライブ公演を行っています。

さらに、今年も6月29日~3日にかけて東京・横浜・大阪のビルボードライブで公演が予定されています。コロナの影響で難しいかもですが。
(詳しくはコチラ⇒ビルボードライブ

年内いっぱいライブの予定が組まれているので、今も地道に活動しています。

80年代洋楽:Sheena Easton(シーナ・イーストン)まとめ

80年代洋楽

Sheena Eastonまとめ
  • デビューから20年、現在もライブを中心に活動中
  • 2019年に続き、2020年も来日予定(6月~7月)

最新アルバムは2001年の『Fabulous』ですので、そろそろ新しいアルバムを出してほしいですね。

Sheena Easton公式サイト