avatar
かつっぺ
こんにちは、80年代洋楽が大好きなかつっぺです。

この記事では、80年代に活躍したアーティストのAmazon Music Unlimitedで聴くことができるアルバムを紹介します。

今回は、80年代を代表するデュオグループ、ティアーズ・フォー・フィアーズのアルバムの紹介です。

筆者かつっぺの自己紹介

好きなアーティストは、デュラン・デュラン、デヴィッド・ボウイ、スティーブン・ウィルソン、マドンナ、ケイト・ブッシュ。
ウィスパー系の女性ボーカルが好き。
基本的にイギリス出身のアーティスト、キーボード主体のサウンドが好き。

Amazon Music Unlimitedで聴ける曲数は他サービスを圧倒する6,500万曲!

スポンサーリンク

ティアーズ・フォー・フィアーズはやっぱり2人

1stアルバム『The Hurting』より

 

ティアーズ・フォー・フィアーズ (Tears for Fears)は、イギリスの2人組バンド。1980年代に数々のヒット曲を放った。
初期はシンセサイザーを多用しながらアコースティックな印象すら与える、たおやかな音使いをしており、当時流行したエレポップと呼ばれる音楽性の範疇にありながら、歌詞の繊細さとよくマッチしたサウンド・メイクが特徴となっている。やがてローランド・オーザバルのギターサウンドを核に、王道とも呼べる良質なブリティッシュ・ロックを聞かせるバンド・サウンドへと変化していく。

Wikipedia

ティアーズ・フォー・フィアーズは、ボーカル&ギターのローランド・オーザバルとボーカル&ベースのカート・スミスからなるデュオグループ。とはいえ、ローランドとカートの二人とも、それぞれギターとベースを担当しておりセッションメンバーを含めたバンドといった方が正解でしょうか。

世界的に名が知られたのは、1985年発表の2ndアルバム『Songs From The Big Chair(シャウト)』。

1stアルバムから80年代初期らしいシンセ色も漂わせながらすでにどこかほの暗く、それでいて優しい、時に力強いTFFサウンドの原形は出来上がっていますが、2ndアルバムでは80年代エレポップ色は残しながらも、ブリティッシュロックとポップを見事に融合させたTFFサウンドを完成させました。

シングル「Shout」は全英2位・全米1位、「Everybody Wants To Rule The World」は全英・全米ともに1位を獲得し、アルバムも全英2位・全米1の大ヒット。

ちなみに私が初めて買ったアルバムでした(カセットテープ版)(^^;。

3rdアルバム『The Seeds Of Love』も大ヒットするものの、その後カートが脱退。ローランド一人でTFFを続けていましたが、ようやく2004年に再結成。

再結成後のアルバム『Everybody Loves A Happy Ending』は、3rdアルバムからの空白期間を完ぺきに埋めてくれる、より洗練したTFFサウンドでファンを歓喜させてくれました。ティアーズ・フォー・フィアーズはやはり2人がしっくりします。

デュラン・デュランカルチャー・クラブらと第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンをけん引したティアーズ・フォー・フィアーズ。そろそろ新作も聴きたいものです。

Amazon Music Unlimitedで聴けるティアーズ・フォー・フィアーズのアルバム一覧

2ndアルバム『Songs From The Big Chair』より

 

Amazon Music Unlimitedで聴けるティアーズ・フォー・フィアーズのアルバムすべてを一覧で紹介します。

オリジナルアルバム

  • The Hurting 1983年
  • Songs From The Big Chair 1985年
  • The Seeds Of Love 1989年
  • Elemental 1993年
  • Raoul And The Kings Of Spain 1995年

その他のアルバム

  • Raoul And The Kings Of Spain(Expanded Edition) 1995年
  • Saturnine Martial & Lunatic 1996年
  • The Hurting(Super Deluxe Edition) 2013年
  • The Hurting(Delixe Edition) 2013年
  • Songs From The Big Chair(Delruxe) 2015年
  • Back in Time 2016年
  • Rule The World:The Greatest Hits 2017年
  • Head Over Heels(Talamanca System Tribal Persuasion Remix) 2017年
  • Live in Concert (feat.Oleta Adams) 2018年
  • Head Over Heels(Remixes) 2018年

ご試聴はAmazon各作品ページからどうぞ

80年代洋楽 ティアーズ・フォー・フィアーズ 聴き放題:まとめ

3rdアルバム『The Seeds Of Love』より

 

Amazon Music Unlimitedで聴くことができるティアーズ・フォー・フィアーズのアルバム等は全部で15作品!

残念ながら再結成後の『Everybody Loves A Happy Ending』は聴くことができません😢

とはいえ、バージョン違いの『Songs From The Big Chair(シャウト)』があること(通常盤8曲/33曲収録盤/59曲収録盤)やCurt Smithソロ作2枚を聴くことができます。

Amazon Music Unlimitedは6,500万曲以上が聴き放題なので、きっとあなたが探していたアルバムも見つかるはずです。私も毎日の隙間時間が楽しみでたまらなくなりました。
ぜひ、無料体験実施期間中に一度お試しください。
今なら30日間無料体験ができます!

契約期間中はダウンロードしておけばパケットを使わずにオフラインでも聴けるので大変便利です。

Amazon Music Unlimitedならティアーズ・フォー・フィアーズの15作品ををフルで聴くことができます!

👉Amazon Music Unlimited 30日間無料体験をする

[関連記事]【簡単】Amazon Music Unlimited 無料体験 始め方と解約方法

※再生可能なアルバム情報は、2020年7月8日現在のものです。今後、再生状況に増減がある場合もございますが、予めご了承ください。